民青同盟TOKYO

【企画紹介】

学生生活応援!
食料支援プロジェクト

全国で4万人以上が利用中。ご利用はもちろん、ボランティアに参加していただける方を募集しています。
お米、缶詰などの食料品、生理用品などの生活用品も配布しています。近隣地域の方々からよせていただいた物資やカンパで運営しています。

ボランティア登録はこちらから

 

 

インカレ春フェスタ
コロナ禍の日本と世界で学ぶ

都内の学生メンバーが集まって行う新歓企画です!
第一部は、民青の卒業生と語り合うワークショップ。「ジェンダー平等」「気候危機」「貧困と格差」のテーマで、各界で活躍する方々をゲストに交流します。

第二部は、山添拓参議院議員を招いて「国会議員×学生」シンポジウムを開催します。山添拓議員(日本共産党)は、検察庁法改定案を廃案に追い込んだ国会討論や予算委員会での活躍で注目される若手議員です。
様々な運動に取り組む学生メンバーと現役国会議員のトークにぜひご参加ください!

 

街頭労働相談ボランティア

2008年にスタートして以来、主に新宿西口の路上で600人以上の方が利用されてきました。
医師や弁護士など専門家と協力して、福祉事務所への同行や医療相談にも応じます。まずは見学からの参加も大歓迎。ぜひご参加ください。

3月30日には「生活保護を受けたくない理由ー可視化プロジェクト」として記者会見を行い、都庁・都議会要請を行いました。
当日発表したステートメントと要請文は、こちらで公開しています。

【About―民青とは?】

私たちは、青年の願いを実現するために力を合わせ、仲間とともに学び、社会の担い手として成長することを目指す全国的な青年・学生団体です。
活動のアドバイザーは、日本共産党。高校生から社会人まで約1万人の仲間が様々な活動を行っています。


【Project―できることはたくさんある】

いま、日本のあちこちで、食料支援ボランティア、学費無償化を求める行動、野党の共闘を発展させる取り組みなど、若者・学生の主体的な社会参加が広がっています。
一人の力は小さくても、情報を発信しあい、力を合わせれば、社会を動かします。18歳選挙権も実現しました。あなたも一緒に「自分に何ができるか」考えてみませんか。


【Study―日本の進路は?世界の未来は?】

民青では、一人ひとりの関心を入口に、これからの日本と世界について考えています。社会の現実にふれるフィールドワークや専門家を招いた学習会、この社会を変えるためにマルクスが開拓した「科学的社会主義」、その理論で日本社会を分析した「日本共産党綱領」を学んでいます。


【Meeting―週1回の「班会」】

活動の基本は週1回の「班会」です。住んでいる地域や職場、学園ごとに活動する仲間が集まり、みんなで活動プランを考えています。各地の班活動をご紹介します。


【Contact―連絡先】

民青同盟東京都委員会

〒170-0013 東京都 豊島区東池袋2-5-8 五階
TEL 03-6709-2900
FAX 03-6709-2901